子供着物作家 中林あゆみ

記事一覧(203)

我が家のランドセル事情

おはようございます!最近は息子ネタオンリーですねまだつづきそうですよ先日支援学校の見学に行き、子供たちの様子を聞いて来ました。通園鞄についても。先生方も「どちらでもいいし、ランドセルに入らなければ手提げを足せばいいですよ。」的なお答えでした。本当にありがたい事に、親に「孫に買ってあげたい」という言葉をもらっていました。せっかく買ってもらうのに結局使わなければもったいないし、何より買ってもらったのに申し訳ないですよね。なんてちょっと保留、みたいに相談していました。そして昨日、義母と一緒に山梨県唯一?の百貨店にランドセルを見にいってきました。事前に取り寄せてくれていたカタログを見せてもらっていたので、すんなり決まりました。ちょっと勘違いがありトラブル発生しましたがなんとか(笑)来年の3月に手元に届くそうです。楽しみだな。ちなみにランドセルですが、中には現品限りなどのものもあるので、欲しいものがある人は早く行った方がいいんですよね、だけどうちのように学校がまだ決まっていない場合、ランドセルかリュックか、そこらへんが決めきれないと購入できない。このあたりが難しい所だと思います。最終的に学校を決めるのは11月あたりなんですよ。それからの購入だと色々忙しかったりしますよね。義母と一緒にいると、お金の使い方をすごく考えさせられます。どこにお金をかけるかは自分の価値観。私だったらある程度でなんとなく選ぶかもしれないけど、自分にとって何が価値があるのかがハッキリしていると後悔が少ないでしょうね。

障害児の年長さん事情 小学校の選択

こんばんは。今日は仕事が結構スムーズに行ったので、ブログを書く余裕があります。息子が年長さんになり、こうも精神的な忙しさ?もやもや?そわそわ感が多いのかと痛感しています。今息子は6歳、来年小学生になります。自閉症、療育手帳B1の息子。今は専門の保育園に通っています。支援学校と、小学校の支援学級、二つの選択肢があり、小学校の支援級の見学の申し込みをしているところです。それもね、「見学ですね、では〇日にどうぞ」とはならないんですねぇまずは教育委員会に電話します。そして私は4月の忙しい時期に連絡してしまい、折り返しますと言われ1か月経つ…どこも忙しいんですよねこの時期で先日再度連絡をし、見学の日程を決めるかと思いきや、まずは相談に来てくださいとのことでした。そこで息子の様子や障害の程度とか、そういう話をします。そのうえで小学校の見学に行くのですが、その日程もすぐには決まらないんですね。そしてその間に息子の保育園に教育委員会の方が子供の様子の見学にいらっしゃいます。実際にどう過ごしているのかとかを見られるそうです。息子はいつも通り過ごせたようで良かったです。その後葉書が届き、就学手続きに関するお知らせが来ます。7月上旬に見学だそうです。とても大事なことなので確かにすぐすぐにはスムーズに進まないよなと思います。そして支援学校は何度か見にいってるので見学は良いかなと思ってましたが、こちらももし入学となった場合には必ず教育相談というものに行かなければいけません。そしてこちらもその連絡待ちです。行動する量がさほど多くなくても、抱えている案件?が多くなるほどすごく忙しく感じて焦ってしまいます。そしてこのどっちつかずな状況に追い打ちをかけるランドセル商戦みなさん、もうランドセルは決まりましたか?またこの件については書きますね障害児の生活って興味ありませんか?私は初めての子育てなのでどちらがどうとか分かりませんが、やはり違うところがあるのも事実なので、こんな事があるよとか、こんな困難がでてくるよとか、息子の面白さとかをボチボチ書いていこうと思います。