浴衣の保管方法

9月に入り、気分はすっかり秋ですね。

今日は浴衣の保管について書きます。


来年の夏まで出番待ちの浴衣。

どの様に保管されていますか?



「なんだか難しそう」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、思ったより簡単ですよ。


お手入れ方法はこちらを(絞りでも絞りでなくても)


さて、保管

まず最初に迷うのはクリーニングに出すか、自宅で洗濯するか。

という所ですね。


よっぽど大事なものはクリーニングに出していいと思います。

それ以外は自宅で洗濯できますので、上のお手入れ方法を見てくださいね。


自宅で洗濯するときの注意点ですが、よく乾かしてください。

湿気を含んでいるとかびの原因になります。

特に浴衣の衿の部分は生地を重ねて仕立ててありますので乾きにくいです。


乾いたら本だたみして、箪笥で保管します。

桐箪笥があればベストですが、桐箪笥ってある家の方が少ないのではないかと思います。

普通のタンスでも、衣装ケースなどでも大丈夫です。


その時は除湿剤などあるといいですね。


虫干しと言って、乾燥した時期に干して湿気を飛ばすことをするとベストなのですが、

正直ちょっとめんどうですよね?

私も浴衣の虫干しはしたことありません・・・


なので、たまにタンスの引き出しを開けてみてください。

少し空気の流れがあるだけでも違いますよ。



大事な浴衣、丁寧に保管して来年も再来年も楽しみましょうね。

富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。