届けたいのは「着物」じゃなくて


私の仕事は着物を作って販売する事です。


ただ着物を売りたいんじゃなくて、

着物は目的のための「ツール」です。


目的というのは

子供が着物を着たときの楽しさとか可愛さとか、経験とかストレス発散とか、

着物という「ツール」をつかって得られることです。



私自身、子供着物にすごく救われたので

詳しくは「子供の着物、いつ着るの?」↓


だから子供の着物に作法も決まりもないです。

大事なのは「可愛い」と「楽しい」


そこは譲れない。



ブローチ付けてもいい。



雨降らしてもいい


トトロごっこしてもいい


これは↑商品撮影の写真なので室内ですが、


外で着物で走り回っても良いし


ヘックショイ!でもいいし

何でもありなんです

楽しければ。


だってお母さんいつも頑張ってるから

こういう日常の中でちょっとした非日常を楽しんでほしい。


ミルク(ごはん)あげて、オムツ変えて、寝かし付けて、おんぶして、抱っこして、寝かし付けて、オムツ変えて、着物着て、


って感じで日常の中にひょこっとちょっとだけ入り込めたら

すごく楽しくなると思う。




富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。