特別な日を特別な着物で残す クラウドファンディングのご紹介


こだわりの着物で、想い出に残る七五三の写真撮影会を開催したい!

makuakeさんよりお写真お借りしました。


そんな想いのこもったクラウドファンディングを今日はご紹介させて頂きますね。


着物イベント団体、『きものでかける』主宰

趣通信スタッフ

きものサローネ実行委員会

の島崎加奈子さん。


このクラウドファンディングのお話を伺ったのはきものサローネの時でした。

みんなが着ている(レンタルしている)着物も可愛いけど、もっとこだわって、ステキな着物を着させてあげたい。けどどこで借りれるのかも分からない。

という方が多くいらっしゃったこと。


私は「着物」は一つの選択肢だと思っています。


私が子供着物を作り始めたのも、知ってもらいたいと思っているのも、もとは育児に関する不安などからきています。

ご興味がある方はこちらを↓

育児を楽しむ、子供の成長を感じる、祝う、

その選択肢に着物があるんだと思います。


makuakeさんより引用させて頂きました

<生まれて初めて触れ合う日本の文化、七五三> 
七五三は、地域差がありますが、三歳は「髪置き」、五歳は「袴着」、七歳は「帯解き」といって、子どもの成長を祝い、健康や幸せを願う伝統行事です。
現在では、晴れ着姿で千歳飴を持ち、お宮参りをする慣わしがあります。 皆さんもそんな節目の日の写真をお持ちではないでしょうか?  
子どもにとって七五三は、きっと初めて日本の文化にきちんと触れる日であると同時に、想い出に残る大切な日でもあると思うのです。



どのお着物もうっとりするようなとても素敵なお着物。

特に絞りの着物なんて私が着たいくらい(笑)


お子様が大きくなって七五三の写真を見返したとき、

こんな思いでこの着物を選んだんだよ。

こんな願いを込めたんだよ。

と、そんな話が出来たら素敵だなと思います。



こちらのクラウドファンディング、リターンもとっても素敵です。

私も微力ですが支援させて頂きました。


特に七五三の撮影プランですが、正直とってもお得だと思います。

ご興味のある方、ぜひチェックして見てください。


そして、共感いただける方は、ぜひご支援もよろしくお願いいたします。


目標金額までもう少し!

富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。