富士山着物工房の子供着物はちょっとお高め? つづき

昨日のブログ、たくさんの方に見てもらって嬉しいです。

ありがとうございます!


改めて思うのは見えない価値を提供する事の大事さ。

ですね。


私の仕事はこちら


着物をただ売りたいだけじゃなくて、

その先を楽しんでもらいたいと思っています。



低価格でバンバン売れている子供着物を見てしまうと、たまに不安になることがあります。

お客様目線だったつもりが自己満足になってしまっているのではないか。

その場が可愛ければ、インスタ映えすればもっと喜んでもらえるのか。など


でもそれだけでは結局着物はただの衣装のまま。

コスプレのままです。


昔から着物風ロンパースや着物風〇〇というものは存在しますよね。

だけどそこから「着物」に繋がらない、というのはやっぱり「衣装」という位置づけだからだと思います。



不安になった時、心配になった時にたいがいお客様よりご感想や、ご着用のお写真が届きます。

以前にもブログでそんなことを書いていました。




富士山着物工房の特徴として、お客様が成長とともに1度だけでなくご着用のご連絡を何度も下さる事ではないでしょうか?


先日富士山着物工房が初めて販売したお着物をご購入下さった方がお写真を見せてくださいました。

ご購入時は生後半年、今は3歳半

これだけ楽しんでいただけると、本当に本当に良かった、と思います。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






今日の一言




真面目に、
誠実に、



富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。