素敵な動画を見つけました。絞りの技術に愛おしさが…


こんにちは。

最近ブログが滞りつつありますね、反省。


思わぬところで「見てます」と声をかけて頂く事があり、アクセス数はお知らせすることも憚られるほど可愛いもんですが、見てくれてる方がちゃんといるって嬉しいなと思います。



さて、タイトルの動画ですがこちら


おばあちゃん…

ありがとう(T_T)


もうなんかこの動画見ると、素敵な状態のいい絞りはもちろん

醤油のシミ付けちゃったのねっていう絞りとか、
ちょっと小穴空いてますよっていうのとか、
日焼けしちゃったわねっていうのとか、

難がある絞りも、ものすごく愛おしい感じがする。


絞ってある、白くなる部分が染まってしまっている個所とか見ると、

ちょっとおばあちゃん疲れちゃったのかな?
もしかして新人さんが頑張って絞ったものかしら?

とか

色々想像するわけです。(勝手に)




リサイクルの絞りを仕入れて、

洗濯して、シミ抜きして、サイズを計って、この絞りに合うコーディネートを考えて帯を締め、

すぐに着れる状態にして皆様にお届けする。


絞り専門店
なんかすごく良い仕事してない?


って思いました。


絞りに限らず着物もですが、なんというか背景にドラマがあるんですよね。

それが見えてくるとすごく面白い。

絞りを通して、以前着ていた人や、それを仕立てた人、そして作った職人さん、

色んな背景が見えてくる。



いい仕事に出会えたなと。




そんな素敵なお仕事の絞り専門店では

スタッフ募集説明会をします!

詳しくはこちら↓

富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。