卒園式を前にして思う事


息子の袴製作が間に合わない

いや間に合わせる!



そんなことじゃなくて、


息子は未満児さんクラスは幼稚園に通いました。

その後年少さんから今の障害児の保育園に通っています。


3年通って、ついに卒園です。

毎日慌ただしく過ごす中で、実はあまりゆっくり考えられていない気がします。


えーっと、卒園したらどうするんだっけ?


って感じです。



息子の障害が分かった時に、まだ3歳になったばかりだったので、

息子がどこまで伸びるか分からない、

どれだけ同い年のお友達に追いつけるか分からない、

と感じていて、

小学校に上がるころにはある程度この子の進む道が分かるはず

とも思っていました。

一つの区切りが小学校入学かなと



で、その4年前に感じていた一つの区切りの日が近づいてきました。



ほんとに色んなことがありました。


無表情が多かった息子が沢山笑うようになりました。

悲しいという感情が加わりました。

絵本を沢山読むことを褒められました。

安心できる場所が増えました。

人に興味が湧きにくいけど、特定の気になるお友達もいました。



最近、息子の感じている生きずらさをひしひしと感じていました。


息子に成長してほしいという気持ちはもちろんあるけど、

それより

今のままの息子でいてほしい

と思っています。


今のまま自分の事が大好きな息子でいてほしいです。

息子が息子のまま成長できるように、

これから新しい環境できっと大変な事も多くなると思うけど

めっっちゃくちゃ心配だけど



違うな、まずは「卒園おめでとう」ですね

おめでとうと沢山言ってあげようと思います。


富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。