子どもふだん着物ファッションショー終わりました

東京キモノショーでの大舞台が終わりました。

その様子が東京キモノショーのYouTubeで公開されました。


終わった後に色んな気持ちがぐわんぐわんしてSNSでこんなことを書きました。

 まず名もなき私と合同、というリスクしかないお仕事を引き受けて下さった こどもkimonoclover さん(中央) 一人でも出ますと大口叩き、でも一人ではまず不可能だったことも分からず(^^;) 見かねてw一緒にステージを作り上げてくださいました。 衣装製作してくださったはるみさん(左から2番目) 一番身近でこのファッションショーを作ってくださり、私の無茶振りにも嫌な顔せずひたすら衣装を作ってくれました。 全体の流れを把握し、裏方で回してくれたのもはるみさんです。 舞台監督の 吉春吉 さん、キモノサローネで私がナンパしたばっかりにファッションショーに巻き込まれ(笑) 以前に勉強したというショーの構成など舞台に関わることをサポートしてくれました。 裏で私を操っていたのは吉春吉さんです。 MoMo Japan のももさん、 子どもステージの前日にももさんのステージを拝見し、始まった瞬間にウルウルきて、いつもSNSで発信しているのを見ていたから勝手に感動 ショーよく翌日という疲れMAXなのに手伝いますよとお声がけ下さり優しさに本当に助かりました。 そして 東京キモノショー の実行委員の方々、 私の沢山のミスはもちろんのこと、そのせいで私の変わりにお叱りを受けたと思います。でもそれを見せない姿とか、 私が謝罪することもお礼を言うこともそれすら申し訳ない気持ちです。 ショーが終わってすっきり万歳の気持ちは無く、このことをどう気持ちの処理をすればいいかも分からず、 急ぎの製作があることが救いになってるような状態です。 と、関係者の皆さんの力をたくさん頂きできたショーです。 が、 それだけでなく、 モデルさんとして参加してくださった子供達や子供達のお母さんのサポートのお陰もとてつもなく大きいです。 本来であればモデルさんみんなに子どもと楽しんでもらうのが理想ですが、それだけでなく、スタッフ同然の動きをしてくださったり、SNSでの発信で集客してくださったり、 GWのゆっくりした時間のはずなのにお子さんと練習して下さったり、 これ以上は長すぎですね、ブログですかね(笑) お母さんたちの力ってすごいを改めて感じました。 着物の未来は【子ども&ママ】そして3世代!? を確信した1日でした。


そして、今になって、

皆さんに温かい感想を頂いたおかげか、

もっと素直に喜んでいいんじゃね???

って思い出しまして(笑)


ちょっとずつ喜びも感じてきました。

めんどくさいヤツです


5年半前くらいに息子に着物を作りだしたとき、

息子を着物モデルにしたい、って思っていたことを思い出しまして。

いつの間にか夢が叶ったことに気づきました。



子供達もみんな可愛いし、裏では「帰りたい」って言ってた子もいましたが本番での力の発揮具合にみんなびっくり!

そんなに乗り気じゃない、とお母さんが感じていた子もいざ歩くときには良い笑顔で最高のパフォーマンスをしてくれて、


動画見てもらったら分かると思うんですが、

子供達めっちゃ可愛い!!!


なんてすばらしいステージだったんでしょう

改めて嬉しさと感謝でいっぱいです。



さぁ!

飲みに行こう!!笑



富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。