友達はいてもいなくてもいい

久しぶりのブログは息子の話です。

私は息子と出会って価値観?というか考え方が変わったというか、物事を広く見えるようになったと思います。



自閉症の息子は、回りに関心を示すことがなく、同い年くらいや自分より小さい子にちょっかい出されるのを嫌がりました。

【おれのテリトリーにはいってくるんじゃねぇよ】

と聞こえてきそうな…怪訝な顔して…

むしろまだ反応があるだけまだましで、それ以前は他人の存在すら気づいていない様子の時期もありました。


おーちゃんに友達が出来てほしい
友達がいた方がいい
でもきっと出来ない


そう思ってすごく悲しく思ったことがありました。
が、息子を見ていくなかで、おーちゃんが友達を必要としていないことが分かりました(当時)


そうすると、親が友達を作って欲しいと思ったり言ったりするのはとても余計なお世話だなと。

自分の価値観を押し付けてるだけだなと気づきました。


友達のいない息子はとても楽しそうに遊び、笑うようになり、自分の事が大好きなのが分かります。

何を上から目線で
「友達いた方がいいよ」
なんて思っていたんだって




という感じだったんですが、最近ちょっと状況が変わってきたんです…


つづく

富士山着物工房

日常がPOPに彩られる 子供着物のオンラインショップです。